×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  引出物について

引出物について

引出物って?

引出物って?
引出物は、もともと馬を庭先に引き出したことが名前の由来と言われおり、古くからある習慣で、昔は鰹節などの食品などが配られておりました。
しかし現在では冠婚葬祭に関連するサービス業の発達とともに、このような引出物をパッケージ化したサービスも見られ、カタログから選んで利用するケースも増えてきております。

引出物のマナー

引出物のマナー
引出物は、結婚式に来てくださった方へのお土産でもあり、御祝儀に対するお返しという日本人独特のマナーを含んでいます。
そのため、引出物は新郎新婦が心を込めて選べば何でも良いというよりも、相場の金額がある程度一般常識になっています。
また、地域によってその相場や贈る品にも特徴があります。結婚式のアイテムのなかでも常識をしっかりとおさえてかなくてはいけないのが、この引出物でしょう。

今後、新しい家庭を築き、社会人としてのお付き合いを気持良くスタートするためにも、基本のマナーを理解して、オリジナリティある商品を選んでみてください。

どんな引出物を用意すればいいの?

どんな引出物を用意すればいいの?
現在、引出物にも様々なモノがあります。贈る相手が喜ぶもの、ここでは3つのポイントを紹介します。

ポイント1:引出物は送る相手よって内容を変える“贈り分け”

引出物の内容を相手によって変えることを“贈り分け”と言い、最近はこれを取り入れる新郎新婦も多くいます。
結婚式には同級生から先輩・年配の方まで色々な人が来るので、それぞれの趣味嗜好も異なります。そんななか全員に共通して喜んでもらえるものを選ぶのはかなり難しいと思ういます。
相手が気に入ってくれるものを選ぼうとすると、自然と内容がバラバラになってしまいます。
ただ、あまりに露骨に内容を変えると良い気がしない方もいるかもしれません。紙袋は全員同じものにそろえて、中身だけ変えるといった工夫をしてみてはいかがでしょうか。

ポイント2:引出物はどこで買うかによって金額に差がつく

引出物を買う最もお手軽な方法は、式場で頼むというやり方です。
プランナーさんと相談しながら決められますし、プロの意見を聞きながら決定できるので、あれこれ悩んでしまう新郎新婦にとってはありがたいですね。

このほかにも、ネットで購入するという方法もあります。サイト内で様々な引出物を販売しており、無料で紙袋やのしをつけてくれるところもあります。
そのままでもお安いのですが、一定の数をまとめ買いすると割引されることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ポイント3:引菓子と縁起物もしっかり選ぶ

引出物をひとつ選んで一息ついてしまう方もいますが、実はそれだけでは終わりません。引出物とは通常メインの品物のほかに引菓子と縁起物もついてくるので、こちらもしっかり考えねばなりません。

引菓子は、バウムクーヘンや紅白饅頭が定番です。
バウムクーヘンは木の年輪に見えるので夫婦が末永く一緒にいることを表し、紅白饅頭は色味がおめでたいということで、どちらも結婚式ふさわしいとされています。
縁起物は、鰹節・昆布・紅茶・お米などがよく選ばれています。年配の方へは縁起物の有無にこだわることが多いので、忘れずに入れておいてください。
若い方へは、縁起物の代わりにプチギフトを入れても喜ばれるでしょう。その場合、ちょっとしたボディケア用品やお菓子などがおすすめです。

さらに、ここで注意したいのが、引出物の数が奇数になるように選ぶこと。偶数は割り切れる数のため結婚式では縁起が悪いとされており、奇数にするのが基本です。
こちらもご年配で気にする方もおりますのでお気を付けください。